お知らせ

講演会 2021.10.08

第一学院高等学校にて講演会を行いました

理事長 葉田が第一学院高等学校にてオンライン講演を行いました

9月29日、理事長 葉田が第一学院高等学校にて夢授業というテーマの授業の中で
オンライン講演を行いました。

生徒さんより感想を頂きましたので、一部ご紹介させていただきます。



【「今まで診療をしてきて一番うれしかったことは何ですか?」と質問した女子生徒より】


行き届かない医療で亡くなってしまった方、まだ生まれて数十日しか経ってないのに
命を落としてしまった赤ちゃんなど何となくその悲しさは分かっていたつもりでしたが、
改めて見ると更に心に来るものがありました。
質疑応答の際、今まで葉田さんがお話してくださった内容が悲しかったり、
苦しかったりしたお話だったので「何か明るい話はないのかな?」と思い
「今まで診療をしてきて 1 番嬉かったことは何ですか?」と質問させていただきました。
葉田さんは「嬉しかったことはあまり覚えていない。でも赤ちゃんを亡くしてしまったお母さんが
新しい命、赤ちゃんが産まれて「葉田先生ありがとう」と言われるときは嬉しいでかね。
気づかせてくれてありがとう」と答えてくださったとき、
「あまり覚えていない」と いう事実、お母さんの幸せな気持ちがこちらに伝わってくる感じ、
そして「気づかせてくれてありがとう」と言葉をくださったことなど色々な驚きや感情を覚えました。
私がなんとなく「嬉しかったこと」を聞いただけなのに、
葉田さんには新たな気づきがあったのだと思うと
人って何がきっかけで気づいたり、影響したりさせられたりするのか分からないなと思うと
また「改めて」という表現になってしまいますが驚きがありました。
私がふと気になって聞いたたった 1 つの質問で葉田さんに気づきがあったということは、
葉田さんは人々を診療していくつもの命を助けたり、人に影響や気づきを与えているのだと思うと、
「行動」の凄みにまたまた、改めて気づかされました。

【「葉田さんはどのようにして自分の考えに賛同してくれる仲間と出会ったのでしょうか?」と質問した男子生徒より】


夢授業に参加しました。短い時間ではありましたが非常に内容が濃く、充実した時間になっ たと思います。
厳しい言葉も多かったのですが考えてみれば的を射た意見ですし、
それほど熱意があるのかと思うとやはり凄い方だなぁと。
正直なところ僕は海の向こうの国の現状なんて考えたことも無くよく分かっていなかったのですが、
今回の夢授業でそれに対する理解も深まり、不透明だった物が少し鮮明になりました。
しかし見えてきたのは悲痛な現状でした。
お話を聞いてみて僕は疾病に悩まされる現地の方々を少しでも多く救おうとするボランティアに
とても共感出来ました。
機会があれば国際的なボランティアにも参加してみたいですね。
最後の質疑応答で僕の質問を聞いていただいた上で
「良い質問」と言ってくださったのがとても嬉しかったです。
僕自身今までにもモチベーションを失う事が多々あって恐らくこれ からも沢山あると思うのですが、
今回お話しいただいた事を胸に自分のやりたかった事や 目的を見失わないよう生きていきたいです。

【「将来警察官を目指しているが、人生平等ではないと思っている部分もある。 私の考えは間違っているのでしょうか?」と質問した女子生徒より】


4~5 限目で葉田先生のお話を聞かせていただきました。
色々な事をお話ししてくださって何から話していいかって感じですが、
本当に良い時間を過ごす事ができたなと思っています。
そして最後質問をした時、葉田先生が話せる?と質問を掛けられ 言えるのかなって思ってたんですけど
勝手に口が動いてて驚きました笑
まず私の中でその事を言えたって事が凄く大きくてこれを答えて
葉田先生や周りの 1 年生はどう思うのかなとか怖くて動揺してたんですが
葉田先生が凄い勇気がいる事だよ。応援してると言って下さって、
勇気出して言った事は間違いじゃなかったんだと思いました。

一覧に戻る

赤ちゃんとお母さんの
「笑顔」をつくる

あなたのご寄付で「涙」を減らし、「笑顔」を増やすことができます。