ラオス医療支援プロジェクト

ABOUTラオスでの医療プロジェクト

ラオスはASEAN加盟国唯一の内陸国であり、国土の約7割が高原や山岳地帯となっています。そのため山岳部ではインフラも整っておらず医療サービスへのアクセスも困難な状況です。また平均寿命が67歳と短く*、特に妊産婦死亡率と乳幼児死亡率は東南アジア地域の中でも高いことが知られています。

*出典:Life expectancy at birth, total (years), THE WORLD BANK, 2018.

#

STORY10年のつながり

理事の中西貴大が2010年に三重県で学生国際協力団体Hearts Treeを設立し、その仲間たちと2011年にパークグム郡にあるナファイ2ヘルスセンターに診療所の増築を行いました。それ以降も定期的な訪問や、上位医療機関にあたるパークグム郡病院での医療ミッションに参加するなど同地域の継続支援を行ってきました。

#

ISSUEラオス医療の課題

ラオスでは妊婦の約半数は一度も妊婦検診を受けておらず*、6割が熟練分娩介助者を伴わない自宅分娩を行っています。また多民族国家であり山岳部で独自文化を持っている民族もあります。そのためお母さん、赤ちゃんを救うために、医療者への技術指導に加えて、医療知識の普及活動も必要です。


*出典: Pregnant women receiving prenatal care (%), THE WORLD BANK, 2012.

SOLUTIONS赤ちゃんを助けるための活動

2019年3月、当時JICAの海外協力隊員(JOCV)として赴任していた助産師の大竹恵実(現あおぞらアドバイザリースタッフ)と出会い、JICAラオスの協力のもと2019年6月にパークグム郡病院にて新生児蘇生法講習を行いました。

#
#
#

パークグム郡病院での講習会のあと、参加していたラオス赴任中のJOCVとカウンターパート(ラオスの医療スタッフ)から、現地での新生児蘇生法講習の要請があり2019年10月にはケンタオ郡病院で新生児蘇生法講習、12月にはカムアン県病院で新生児急変対応トレーニングが行われました。

MOVIE動画

VOICEラオスからの言葉

現地スタッフは個々で教育レベル違い、研修の機会も少ないため、生まれた赤ちゃんの具合が悪い時の対応に迷いがありました。しかし、あおぞらの講習会後は「私にもできる」「自分がやらないと」という自信や責任感の変化があり、より前向きに取組む姿が見て取れます。また講習会に参加した他のJOCVも、ポイントを押さえた指導方法や、現地スタッフの心に寄り添った指導を学び、個々の活動地へ持ち帰り、普及に邁進するとともに各活動地での講習会開催を希望しています。

ラオス人講習会受講者の声

嬉しく思います。ラオスの医療は、十分ではなく、蘇生をする人も十分ではないので、ラオスの新生児死亡も多いので今回の訓練に来れて嬉しく思います。講義のあと、多くのことを学ぶことができ、自信がついたように思います。そして、講義をしてくれて嬉しく思い、今後もまた続けたいと思います。

あなた方が新生児蘇生について、知識を与えてくれたことを嬉しく思います。そして、次の機会があれば、パークグム郡病院とヘルスセンターへ定期的に来てほしいです。

新生児蘇生についてとてもよく知ることができました。特にデモンストレーションは役に立ちそう。デモンストレーションをたくさんすることでよく学ぶことができました。この講習会は理解は深まりました。

ラオス人講習会受講者の声

講習のレクチャーの理解について
# #
知識は十分だと思いますか?
# #
講習会を他のスタッフに
勧めたいですか?
# #

ACTIVITIESこれからの活動

ラオス国内でのシミュレーション基盤型トレーニングを軸とした医療スタッフ支援を継続していくことを目標としています。
2020年7月にトゥラコム郡病院での新生児蘇生法講習、チャンパサック県病院にて成人領域の救急救命トレーニングを検討しています。


ラオスの文化を大切にしつつ、安全な妊娠・出産、健康を守るための正しい知識の普及、そしてラオスの人が自身で健康を守っていけるような関わりができればと思っています。

#

赤ちゃんとお母さんの
「笑顔」をつくる

あなたのご寄付で「涙」を減らし、「笑顔」を増やすことができます。