カンボジア医療支援プロジェクト

ABOUTカンボジアでの医療支援プロジェクト

カンボジアの僻地に病院を建設し、8000人の命を守りたい!
カンボジア・サンブール保健センター新築支援事業

2017年2月より国際NGOワールド・ビジョンとの共同事業としてカンボジア王国バンティ・ミエンチャイ州サンブール地区において保健センターの新築支援事業を開始しました。

支援事業概要

支援事業名 カンボジア王国サンブール保健センター新築支援事業
支援事業地 バンティ・ミエンチャイ州モンゴル・ボレイ郡サンブール地区
支援事業期間 第1期:2017年2月1日〜2018年1月31日(12ヶ月)
第2期:2018年2月1日〜2018年7月31日(6ヶ月
受益者数 サンブール地区の住民7,947人(1,722世帯)
このうち885人は5歳未満児
支援事業費 15,000,000円
啓発教育費及び地域開発援助事業管理費など18%を含む
内容 第1期:保健センターの新築(1棟)
第2期:雨水タンク(20,000ℓ)1基の支援

国際NGOワールド・ビジョン作成 「カンボジア王国 サンブール保健センター新築支援事業」事業企画書

ISSUEカンボジア医療の課題

以前の保健センター

サンブール地域には古い保健センターがありましたが、老朽化が進み、また機材も壊れていて安全な医療を提供できる状態ではありませんでした。そのため地域の方々は保健センターには足を運ばず、医療費を負担し私立病院を受診している状況が続いていました。

以前の保健センター 以前の保健センター

こんなことも…

サンブール地域では、伝統的産婆と呼ばれる医学的な教育を受けていない助産師さんが立ち会う、危険な出産も一部残っていました。出産時に適切な処置がされず、出産後の母親と、生後まもない赤ちゃんを、約2週間薪でいぶす文化もあるため、常に赤ちゃんは肺炎等の命の危険にさらされていました。

伝統的産婆

赤ちゃんを救う技術と知識の不足

生まれてくる赤ちゃんが呼吸をしていない場合の緊急処置や生後すぐの体調の悪い赤ちゃん評価、対応などに問題がありました。

SOLUTIONお母さん・赤ちゃんを助けるための
病院建設

サンブール保健センター建設

あおぞらと国際NGOワールド・ビジョンとの共同事業として、新サンブール保健センターの建設を行いました。2018年2月に産前産後待機室、小児外来、成人外来などを含む8部屋を完備したサンブール保健センターが開院しました。雨季の洪水対策のため6mの高床式の施設となっています。前述の問題は解決され、地域住民がサンブール保健センターを利用するようになりました。

新生児蘇生法講習を行った
あおぞらアドバイザリースタッフ嶋岡 鋼からのメッセージ

新生児仮死は出生時に赤ちゃんが息をしていない状態のことです。そのままにしておくと赤ちゃんの状態はどんどん悪くなり、最後にはなくなってしまいます。新生児仮死を適切に判断し、速やかに人工呼吸を行うことでその90%以上を救うことができます。
今回の新生児蘇生法講習はとても手応えのあるもので現地助産師さんの自信にもつながったと感じています。今後、サンブール保健センターで赤ちゃんが救われることを心から望んでいます。

伝統的産婆

新生児を助ける「技術」の指導

開院式の記念事業としてカンボジアにおける新生児死亡の25%を占める新生児仮死に対応するため、現地助産師に新生児蘇生法講習を行いました。また日本の各方面からのご協力により新生児蘇生に必要な物品、トレーニングに必要な蘇生法講習用人形などの物品を常備することができました。

CHANGE病院建設後の変化

2017年2月から7月まで(6ヶ月)

病院の新設、水衛生の整備などの後、6か月間で前年度同時期(2017年2月から7月まで)と比較して外来患者数、分娩数、予防接種者数などが増加しました。また、2018年10月の再訪時には新生児仮死の赤ちゃんが無事蘇生され、その後も元気に暮らしている、という嬉しいお話を聞くことができました。

2018年1月から2019年12月(2年)

2020年1月に現地を訪れ、サンブール保健センターで
2018年から2019年の2年間、どのような医療が提供されたかを
調査してきました。2年間の外来ののべ患者数は約8000人/年で推移しています。
分娩数は月に6〜8件で年間約80人、新生児蘇生を必要としたケースはありません。安全な分娩が行なわれているようです。
産後、すべてのお母さんが保健センターに24時間以上滞在し、お産直後の合併症の管理もできているようでした。
予防接種は種類にもよりますが、概ね対象となる人の100%をカバーしています。

2018年から2019年の2年間、医療が現地で安定して提供されていることがわかりました。
今後もサンブール保健センターでの定期的な現地調査を行ってまいります。

生まれた赤ちゃんの様子

  • 赤ちゃんを亡くして泣いていたお母さんも、新しい病院で無事に次の赤ちゃんを出産する事ができました。

  • 2018年に新しい保健センターで双子の赤ちゃんが生まれました。

  • 新生児蘇生法講習で得た技術で救われた赤ちゃんは今も元気にサンブール地区で暮らしています。

  • みなさんのおかげで継続して安全に新しい命が生まれています。

ACTIVITIESこれからの活動

サンブール保健センター継続支援

今後もサンブール保健センターにてモニタリング、
外来シミュレーション教育貯水タンクの浄水フィルター設置などの継続的サポートを現地と連携しながら行って行く予定です。

サンブール地区にある小学校に手洗い場を!

病院で無事に出産された赤ちゃんが健やかに育つ事ができれば、子どもたちはその地域の幼稚園や小学校に通います。
NPO法人あおぞらはサンブール地区にあるSRAH CHHUK幼稚園、小学校での子供たちの生活環境や状況について、また地域の子供達を取り囲む環境についてヒアリングを行いました。

小学校のあるSRAH CHHUK村は94世帯401人の村人が暮ら しています。この地域ではSRAH CHHUK村の他に3つの村があり計4つの村がひとつのグループとしてまとまって行政が行なわれています。

乾季・雨季の季節変動により収入が安定しません。村人の職業は漁業約10%、農業約40%、タイへ出稼ぎ約50%となっていて出稼ぎが半数を占めます。水の供給は水脈が乏しく井戶が掘れず、雨水に頼っている状況です。

サンブール保健センターから車で5分ほど移動した場所にあるSRAH CHHUK小学校は幼稚園を併設している小学校で計387人の子供たちが通学しています。 教室の数は10部屋あります。図書室はありますが蔵書不足で各学年に対応することができていません。教師の数は計13人(男9人 女4人)幼稚園担当は2人です。

小学校が抱える保健衛生の課題

387人の子供たちが通っていますが、トイレは二つあるうちの一つは壊れ、現在は一つしかありません。
詰まりが大きな原因で、その都度修繕してはいるが、構造を変え、新しく立て直すには十分な予算がないとのことでした。

トイレで使用する水を汲み上げるポンプはなく、子どもたちがバケツを使い、学校の前にあるため池で水を汲み、歩いてトイレまで水を運んできます。

また、子どもたちは河原に降りて用を足し、その後も手を洗う場所がない、という衛生上の問題も多く見受けられました。

トイレや手洗い場がなく、一度自宅に戻り、用を足すこともあります。そのために授業に遅刻することもあります。特に女子学生の学業への悪影響が懸念されます。

カンボジアの「学校における水道・トイレ・衛生に関するガイドライン」によると、小学校には5~10のトイレが必要となっていますが、サンブール地区の小学校ではまだまだ整備されていないのが現状です。

このような現状を改善するためにあおぞらでは小学校への手洗い場建設のプロジェクトを企画し、実施しています。

サンブール地域の小学校の水衛生の状況を改善し、小学校に通う生徒たちの健康を守るために、あおぞらはカンボジアの小学校に手洗い場を設置するプロジェクトを開始いたします。

カンボジアのNGO Clear Cambodia( https://www.clearcambodia.org/ )と協働し、2020年4月に、視察を行ったSRAH CHHUK幼稚園・小学校に一つ目の手洗い場と浄水フィルタ、また水タンクにため池から水を運ぶための揚水ポンプを設置いたしました。

浄水フィルターはバイオサンドフィルタというメインテナンスが簡単で維持管理費がかからないものです。

手洗い場設置後、小学校の校長先生からのメッセージ

水がきれいで飲めるようになりました。学校の周りの人たちもこの水をもらって使っているようです。みんな嬉しくて喜んでいます。ありがとう、とよろしくを日本の方に伝えてください。

あおぞらは今後もカンボジアの小学校の手洗い場建設を続けていく予定です。

GRAPHIS小中学校継続支援

2006年に理事長の葉田甲太がコンポントム州のBeng村にGRAPHIS小学校を建設し、以降、学生国際協力団体Michiiiiと連携しながら溜池設置、校舎の増築などを通して継続支援を続けてきました。
2014年にこの村で葉田が新生児を亡くしたお母さんと出会ったことがNPO法人あおぞら設立のきっかけとなりました。
今後もGRAPHIS小中学校に対する衛生指導、生徒たちの健診などを行っていく予定です。

赤ちゃんとお母さんの
「笑顔」をつくる

あなたのご寄付で「涙」を減らし、「笑顔」を増やすことができます。