タンザニア医療支援プロジェクト

ABOUT妊産婦死亡、新生児・乳児死亡を
減らすために

タンザニアは医療施設へのアクセスの悪さ、医療スタッフの数や質の問題などがあり、妊産婦死亡が398人/10万出生(日本の約80倍)※1と非常に高い状況があります。しかし、基本的な医療サービスがあれば大部分のお母さんや、赤ちゃんの命を救う事ができます。そのために、5万人の医療圏をカバーする公的な「医療施設」を建設し、「医療器材」を導入し、赤ちゃんやお母さんを救うための「技術」を支援する予定です。

※1 出典:WHO World Health Statistics 2018年版

#

ISSUEキリンディ県ムゲラ郡クウェディボマ地区の課題

医療設備の不足

タンザニアのキリンディ県には本来、国が定める基準に照らし合わせると、5万人をカバーするには医療施設を21地区に設置する事になっていますが、実際には県で1地区のみ保健センターが設置され、保健センターの整備状況は5%以下になっています。キリンディ県唯一の保健センターはクウェディボマ地区の住民には遠すぎるため、同地区の住民は基本的に近隣の診療所(2カ所)を利用していますが、地区からはそれぞれ8km、15kmと離れており、徒歩では2-4時間程度かかる状況が続き、危険な伝統的産婆を介した自宅分娩の習慣が残っています。

( 国際NGOワールド・ビジョン作成 「タンザニア共和国 クウェディボマ公立保健センター備品供与および研修事業」事業企画書より転載 )

クウェディボマ地区の様子

#
#
#

SOLUTIONお母さん・赤ちゃんを
助けるための病院建設

タンザニア政府、クウェディモマの住民、国際NGOワールド・ビジョンと何度も会合を重ね、共同事業として産科棟、母子保健棟、手術棟の建設が決定。あおぞらは備品供給と赤ちゃんやお母さんの命を救う技術支援を2019年度末より行う予定です。

#

建設予定の産科棟

  • ・産前ケア室(6床)
  • ・トイレ(1部屋)
  • ・着替え室(2部屋)
  • ・ナース・ステーション(1部屋)
  • ・産後ケア室(6床)
  • ・帝王切開後ケア室(6床)
  • ・シャワー・トイレ(1部屋)
  • ・分娩室(4部屋)
  • ・カンガルーケア室(1部屋)

建設予定の手術棟

手術棟図面
  • ・出術室
  • ・事務所
  • ・滅菌された
     
    医療器具の保管場所
  • ・回復用の部屋
  • ・滅菌室
  • ・手術前待機室
  • ・消毒室
  • ・水道
  • ・シャワー(男性1部屋、女性1部屋)
  • ・トイレ(男性1部屋、女性1部屋)
  • ・更衣室(男性1部屋、女性1部屋)

建設予定の外来棟

外来棟図面
  • ・一般診察室
  • ・中庭
  • ・経過観察室

EFFECT産科棟建設後の効果

妊産婦死亡、新生児・乳児死亡の低下やHIVに関する治療が広まる効果が期待できます。

  • 妊産婦・乳児死亡率の低下
  • 妊婦が産前健診を4回以上受診する割合の向上
  • 施設分娩率の向上
  • Family Planning(家族計画)の講座を受ける妊産婦率の向上
  • HIV検査・相談を受ける妊産婦率の向上
  • HIVに感染している女性から生まれる子どもに対して、必要な医療的対応がなされる率の向上
  • HIVに感染している女性に対して抗レトロウイルス薬が提供される率の向上

国際NGOワールド・ビジョン作成 「タンザニア共和国 クウェディボマ公立保健センター備品供与および研修事業」事業企画書より転載

お母さんと産まれた赤ちゃんの様子

クウェディボマ地区では未だに母子にとって危険な伝統的産婆を介した自宅分娩も残っています。

帝王切開の手術が必要なケースでは、公的な医療機関が近隣になく、数時間かかって搬送するケースもあり、亡くなられた妊婦の方もいらっしゃいました。

DONATION特別寄付のご案内

⺟⼦の命を守る活動の⼀貫として、医療器材を導⼊する予定です。
ご協⼒いただける⽅がもしいらっしゃいましたら、お問い合わせフォームよりご連絡いただけると幸いです。
建設後に、ご協⼒者として、ネームプレートにお名前を印字させていただく予定です。
また、導入後に、実際の医療機器の写真とネームプレートの写真をお送りし個別にご報告差し上げます。

  • オートクレーブ

    オートクレーブ
    約155万円

    清潔で安全な医療を⾏うために医療機器を滅菌する機器です。

  • 遠⼼分離機

    遠⼼分離機
    約22万円

    お⺟さんの状態を把握するための⾎液検査をするための機器です。

  • ⽣化学検査機器

    ⽣化学検査機器
    約69万円

    お⺟さんの状態を把握するための⾎液検査をするための機器です。

  • 酸素濃縮器

    酸素濃縮器
    約19万円

    空気中の酸素を濃縮して⾼濃度の酸素を作る機器です。

    ご寄付いただきました

  • 病院⽤ベッド

    病院⽤ベッド 12台
    合計約36万円

    ⼊院中に休んでいただくベッドです。

  • パルスオキシメーター

    パルスオキシメーター
    約9万円

    体の中の酸素の濃度を測る機械です。胎児⼼拍測定機お腹の中にいる⾚ちゃんの状態を⼼拍数で確認する機械です。

  • ワクチン⽤冷蔵庫

    ワクチン⽤冷蔵庫
    約107万円

    保管する温度が不安定だとワクチンの効果が弱まる可能性があるため、ワクチンを一定の温度に保つための冷蔵庫です。

  • 分娩台

    分娩台 4台
    合計約40万円

    ⾚ちゃんを出産する際のお⺟さんのためのベッドです。

  • 胎児心拍測定器

    胎児心拍測定器 2台
    合計約86万円

    お腹の中にいる赤ちゃんの状態を心拍数で確認する機械です。

*なお、⾦額は為替の変動により増減する可能性があります。ご了承くださいませ。

お問い合わせフォーム

キリンディ県ムゲラ郡クウェディボマ公立保健センター建設予定地

赤ちゃんとお母さんの
「笑顔」をつくる

あなたのご寄付で「涙」を減らし、「笑顔」を増やすことができます。